兼子 泰徳Yasunori Kaneko

  • タメニー株式会社
  • コーポレート本部
  • ネットビジネス推進部
  • ネットプロダクトグループ
  • Developmentチーム

様々な人にとって使いやすく、幸せを呼ぶ
本当に喜んでいただけるアプリを開発

2020年1月中途入社。入社以来、マッチングアプリ「スマ婚デート」をはじめとしたアプリ開発をリーダーとして牽引。チーム内でも2番目の若さながら、持ち前のチャレンジ精神とコミュニケーション力でリーダーシップを発揮している。趣味は、ゲームと筋トレ。

Interview

独学で始めたアプリ開発。経験より可能性を評価してくれたのが嬉しかった。

学生時代、趣味で始めた学生向けの情報サイトの制作。そこからシステム開発の仕事に興味を持つようになりました。大学での専攻は機械系だったため、プログラミングなどの技術習得は完全に独学。それでも、プログラミングでモノを動かすことや、人に役立つ情報を発信するということに面白さを感じ、卒業後は大学生向けの時間割アプリなどを開発するベンチャー企業に就職しました

2年ほど経ち、もっと責任あるポジションや影響力のあるアプリを手掛けてみたいと考え始めていたとき、声をかけてくれたのがパートナーエージェント(現タメニー)でした。ほぼ初めての自社開発であるアプリの開発リーダーというポジションで、そんな重要な仕事をリーダー未経験の私に任せてくれるという期待の大きさに胸が熱くなったのを覚えています。このように経験や年齢にかかわらず、個々の人柄や可能性を評価してくれるところがこの会社のいいところです。ここでならエンジニアとして大きな成長ができそうだと感じ、迷わず入社を決めました。

企画チームの考えを形にするだけではない。エンジニアの意見も形になる。

入社後、さっそく開発に取り掛かった「スマ婚デート」は、既存サービスである「スマ婚」(挙式披露宴等のプロデュース)や、「2次会くん」(結婚式二次会のプロデュース)に参加した方々をつなぐマッチングアプリです。マッチングアプリとしては後発ですが、だからこそ他社と似通ったアプリにならないように、企画チームと開発チームが一体となってアイデアを出し合って開発を進めました。この、企画チームとの距離の近さは、タメニーの開発の特徴のひとつだと思います。企画チームがアプリで実現したいことを技術的側面から考えて実装することはもちろん、たとえ指定された仕様でもユーザーのためにならないと思えば反対意見も出しますし、もっとよい仕様を提案することもあります。お互いに、ユーザーにとっての「よりよい人生をつくる」ことを意識しているので、同じ目標に向けて意見をぶつけ合えることにやりがいを感じます。

決まったやり方に固執しない柔軟さが魅力。

2020年以降テレワークの急速な普及など世の中も大きく変わってきましたが、タメニーは世の中の動きよりも導入がスピーディーで、テレワークに必要なコミュニケーションツールも、使いながらより意思疎通しやすいものに変更したり、仕事にもスタンプでのコミュニケーションを積極的に取り入れたり、決まったやり方に固執せずに新しい方法を取り入れられる柔軟さがあると感じています。

なお、全く新しいやり方ではないのですが、私自身はリーダーとして単に作業指示を出すのではなく、前提となる目的をきちんと説明することを大切にしています。そうすることで、「その目的であればこういう仕様にした方がいい」など、それぞれが持つ多様なアイデアを引き出すことができ、またその基盤のうえで企画チームや開発チームと本音で意見を出し合うことでよりよいアプリがつくっていけると考えているからです。今後も様々な方と対話を重ね、最先端の技術を積極的に活用することで、人々が喜ぶ仕組みを構築し、自らも成長を実現していきたいと思います。

私が「よりよい人生をつくる」ために

エンジニアである私がお客様のよりよい人生をつくるには、「お客様はどういうときに喜ぶのか」ということを、常に意識することが大切だと思っています。対面でのサービスを担う人ならその場で臨機応変に対応できることも、ソフトウェアでは計画段階で想定していたことしかできません。だからこそ、できる限り様々なパターンを想定して開発することを心掛けています。

自分自身のよりよい人生のためには、余裕を持ったスケジュールを立てるなど無理し過ぎないように心掛けたいです。どうしても開発の佳境では無理してしまいがちなので…。

その他のインタビュー記事

Other Interviews