山口 沙耶香Sayaka Yamaguchi

  • タメニー株式会社
  • コーポレート本部
  • ネットビジネス推進部
  • 基幹システムグループ

他人の幸せを本気で考えられる仲間たちが
ネガティブだった私をポジティブに変えてくれた

2014年4月新卒入社。パートナーエージェントのアカウントエグゼクティブ(入会担当)、インフォメーションデスクグループ(現IFDグループ)の部署立ち上げ、人事、ネットビジネス推進部と様々な部署を経験。お客様と直に接する仕事と本社の間接部門での仕事の経験を生かして、現場と本社をつなぐ役割を果たしている。

Interview

第一志望のブライダルとは少し違う事業。でも
生き生きと仕事に誇りを持って働く人が魅力で入社を決めた。

ブライダル業界に興味を持ったのは、親戚の結婚式に参列したのがきっかけ。しかし就活はなかなか思うようにいかず、大学の就職課で勧められたのがパートナーエージェント(現タメニー)でした。結婚にかかわることとは言え、ブライダルとは異なる婚活支援という事業。まったくイメージができないまま試しに選考を受けに行った私は、それまで会ってきた企業では感じたことのない衝撃を受けました。

社長をはじめ従業員みんなが生き生きと楽しそうに仕事の話をする姿が印象的で、婚活支援という仕事に誇りを持っていることが伝わってきました。また、私がうまく話せなくても興味を持って掘り下げ、真摯に向き合ってくれたことも嬉しかったです。

よいところを認めて伸ばしてくれる。大きな挑戦にも自信を持って臨めた。

入社後は、ありがたいことに本当に様々な仕事を経験させていただきましたが、一番印象深いのは入社3年目に人事部に異動してすぐに初期研修の講師を任されたことです。とても緊張しましたが、本番前には先輩が付きっ切りでリハーサルに付き合ってくれて、改善点だけでなくよいところも含めてフィードバックをくれたので、自信を持って臨むことができました。一番気を付けたのは、集団に向けて話すのではなく、ひとりひとりの表情の変化を見て理解度や共感度を掴みながら話をすること。その結果、終了後のアンケートでは「山口さんの傾聴の姿勢がすごいと思いました」などの言葉をいただくことができました。

このように、未経験のことに挑戦するチャンスをくれ、個々のよいところを認めて伸ばしてくれるのがTamenyらしさ。ネットビジネス推進部でもまったく経験のなかったシステム導入プロジェクトの運営を任せてもらいました。ベンダーとの関係性構築や、導入部署からの要望ヒアリングと調整など初めてのことばかりでしたが、自分の望む状況にするためには求めるだけではなく、相手が望んでいることを予想して行動に移していくことが大事だということを学びました。

他人の幸せを本気で考えられる。それはお客様だけでなく同僚に対しても同じ。

タメニーには本当に面倒見がよい人が多いです。人に興味があって、他人の幸せを本気で考えられる人たちが集まっています。仕事で困ったときにも絶対に手を差し伸べてくれる人がいるのはもちろん、少し体調が悪いなと思っているとすぐに気付いて声をかけてくれるくらい周りを気にかけることが当たり前に根付いています。

実は私は電話が大の苦手で、インフォメーションデスクグループに異動になったとき、取るのもかけるのもまったくできませんでした。そのときも上司は「取りなさい」と頭ごなしに注意するのではなく、「なぜできないのか」を一緒に考えてスクリプトをつくってくれたりロープレをしたり根気よく育て上げてくれました。もともとネガティブ思考だった私が、「いつでもポジティブでいよう。そうすることで周りを幸せにしたい」と思えるようになったのも、様々な部署で出会った上司や先輩たちのおかげです。就活の面接の時に感じた印象そのままの、人が魅力の会社だと今改めて思います。

私が「よりよい人生をつくる」ために

大前提として、お客様であれ一緒に働く仲間であれ、かかわる相手を思いやる気持ちを持ち続けることが大切だと思います。どんなときでもポジティブな言葉選びを心掛け、間違いなどを指摘する必要があるときは、アドバイスも加えて指摘だけで終わらないようにしています。人の幸せを願い、よりよい人生をつくる仕事ですから、自分がネガティブではいけません。忙しくて余裕がないときほど、自分自身の心と向き合って、そのときどきで置かれている状況をポジティブに捉えるようにしたいと思っています。

その他のインタビュー記事

Other Interviews